ども、アニオタ期間工の豚野郎です。

以前パソコンの選び方について書くと言っておきながら途中で止まっていたので今回はその続きを書いていこうと思います。

以前の記事↓
期間工が考えるノートパソコンの選び方

アニオタ期間工的パソコンの選び方

まずパソコンを選ぶ時第一に考えなきゃいけない事があります。

それは
『パソコンをどんな用途で使うか』
です。

例えばブログや調べもので文字を中心にインターネットを見たいとか、Amazonや楽天、ヤフオクで買い物がしたいとか、ゲームがしたいとか、動画をスマホより大きな画面で見たいなどです。

まず初めにぶっちゃけてしまえばブログや調べもので文字を中心にインターネットを見たいとか、Amazonや楽天、ヤフオクで買い物がしたいとかであればスマホで事足りてしまうのでパソコンを買う必要はないです。

上記の理由が主でなんとなくパソコンあったほうがいいかなぁみたいな感情的理由であればおそらくパソコンは買わないほうがいいと思います。

今のスマホは高性能なので物理的に対応していなかったりOSが対応していなかったりしていない限り大抵のことはできます、パソコンのように起動させる手間もないですし手のひらに収まるので調べものがしたいと思えばスマホのほうが圧倒的に便利です。

明確にパソコンが必要な理由がない限りいずれスマホのほうが便利だとパソコンを使わなくなってしまうと思います。

逆に動画を大きな画面で見たいとか物理的にスマホでは対応しきれない事がしたかったりパソコンでしかできないゲームがしたいというのであればスマホでは応用できないのでパソコンが必要になってきますしExcelやWord、フォトショ、イラレ、動画編集など作業がしたいというのであればスマホでも替えが効きますが作業効率が圧倒的にパソコンのほうが良いのでパソコンを買うべきだと思います。

パソコンについて復習

パソコン選ぶ前にまずパソコンのスペックの見方を簡単に書いておきます。

OS:オペレーティングシステムの略です、家電量販店に一般向けとして置いてあるのはアップルのmac osとマイクロソフトのWindowsがあります。
これは個人の趣味で選んでしまって構わないと思いますがクリエイティブな活動をするのであればmacの方がシステム的に色やフォント、作業性など細々としたところに気を使っていますのでmacをお勧めします。
しかし世の中にはmacでは機能しないソフトが多く存在するので自分が使いたいソフトが対応しているか調べておく必要があると思います。
もし不安ならWindowsを選んでおいた方が良いでしょう。

CPU:パソコンの脳みそです。一般的にIntel社とAMD社の製品が使われておりゲームや特殊なパソコンで中ればIntel社のCPUが使われています。
CPUの項目にあるGHz(ギガヘルツ)という単位の数字が脳みその質でこの数字が上がるほど頭のいい脳みそで、コアの数がCCPUの中に入っている脳みその数です。(デュアルコアなら脳みそが2つクアッドコアなら4つといった感じ)
わかりやすく例えると1GHzシングルコアのCPUであれば期間工(1GHz)一人(シングルコア)の計算速度、4GHzクアッドコアのCPUであれば東大生(4GHz)4人分(クアッドコア)の計算速度といったイメージです。
グレードを簡単に表にするとCeleron < Pentium < Core i3 < Core i5 < Core i7でスペックが上がっていきます。

メモリ:現在の単位は基本的にGB、この数字が大きいほど一時的にパソコンに記録できる情報量が増え一度に処理できる情報量も増えます。
水道のホースをイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません、水道からでる水の量が同じならホースの太さによって水が外に吐き出されるスピードが変わってきます、ホースが細ければ一度に出てくる水の量は少ないですし太ければ出てくる水の量は増えてくるイメージですかね?

HDD:長期的にデータを保存しておく為に必要な記憶領域です。数字が多ければたくさんのデータを保存することができます。

SSD:基本的にHDDと役割は同じです。性能的にSSDの方が書き込み読み込みが速いだけで安いパソコンにはHDD高いパソコンにはSSDが搭載されていることが多いです。

グラフィックボード:映像のデーター処理に使われる脳みそです、ゲームを楽しみたい、3Dグラフィックスの作業をしたい等がなければ気にする必要はありません。
グラボのスペックについては長くなってしまうので今回は割愛します。

1、大きな画面で動画が見たい

皆さんもご存じだと思いますが現在インターネット環境は凄まじい発展を遂げていてネットで4K画質の動画など大容量のデータが配信されてしまう時代です。

画質だけではなく様々な動画配信サービスが充実し始めていてそういったサービスを最大限楽しみたいと思っている人も多いと思います。

俺が前からブログでもTwitterでも絶賛しているabemaTVなどいいサービスが多いですからね。
AbemaTVが優秀過ぎて色々と捗る

しかし動画が主な理由な場合、皆さんが想像するようなデスクトップやラップトップ(ノートパソコン)ではないほうが良いかもしれません。

個人的なおすすめはこちら↓

まぁ簡単に新種のパソコンと思ってもらえばいいんですがこのStick系のデバイスはテレビのHDMI端子にさしてWi-Fiでネットに接続する動画に特化したデバイスです。

値段は御覧の通り5000円を切っていますし例に挙げたFire TV Stickであれば何かにつけてセールをやっているのでプライム会員になっていれば3000円台で買えてしまう事もありわざわざパソコンを買うより圧倒的にお得に済んでしまいます。

仮にFire TV StickであればAmazonビデオ、Netflix、Hulu、AbemaTV、YouTube、DMM.com、niconico、GYAO! などなど様々な動画サービスをテレビの大画面で楽しむ事ができます。

調べ物はスマホ、動画はStick系のデバイスでと用途によって使い分けることでお得に有意義なネットライフを送れることと思います。

2、作業がしたい

おそらく一般的にパソコンの用途として一番の理由として挙がるのはこの理由じゃないでしょうか。

スマホが普及する昨今、様々なサードパーティーアプリの登場でほとんどの作業がスマホで完結してしまいますが作業効率においてやはりパソコンに勝るものはありません。

しかし我々期間工やフリーター、ニートといった社会の底辺にとってわざわざパソコンで作業をするなんて状況めったにない、と思う方も多いと思いますがブロガーやユーチューバーなど副業が大衆化していますし一度考えてみていいと思います。

まずはブログやWord、Excelなど文章を中心に扱う場合

Officeを使う場合WEB観覧をするより少しスペックが合った方が良いと思います。
まず公式が提示している推奨環境はこちら↓

CPU
SSE2 命令セットを搭載した 1 ギガヘルツ (GHz) 以上の x86 ビット プロセッサまたは x64 ビット プロセッサ
メモリ
2 GB RAM
ハード ディスク
 使用可能なディスク領域 3.0 GB

一応メイカー推奨の最低スペックで済ませてしまおうと思うならここら辺で済ませてしまっていいと思います。

一応Amazonで23,800円です。

これで少し不安があるようであれば少しうえのモデルでこちら

Amazonで30,990円メモリ4GBでCPUもさっきのモデルより少しだけスペック高くなっています。因にKINGSOFT Office Standar付き。

もしくはここら辺

上記のASUS VivoBook E200HAよりCPUとハードディスクが良さげでKINGSOFT Office Standar付きモデルも有り。

Adobe製品などを使ったクリエイティブな作業がしたい

PhotoshopやIllustrator、ちょっとした動画編集をしたい場合少しスペックが欲しいかもしれません。

Adobe製品も推奨スペックはOffice製品と大差無いんですが実際に編集する際にはその素材の容量に応じてスペックが必要になってきます。

なので実際に編集するのであればこのぐらいのスペックは欲しい所です。

74,380円とちょっとお高めになっちゃいますね。。。

全方位型、何でもできるちゃんとしたpc

お金は気にせず壊れにくい製品が欲しい、ホワイトカラーの仕事に就職した時の為に今後数年使い続ける事のできる製品が欲しい、さらにそれを持ち運びたいと言う方はそれぞれのメーカーの上位モデル当たりを買っておけばまず問題ないと思います。

個人的には持ち運びもできて凡庸生の高いVAIO製品かドヤ顔Apple製品がオススメです。(まぁ入門ならwindowsのVAIOですかね)

個人的にはこのVAIO s11辺りはオススメな製品です→http://vaio.com/products/s11/

CPUがCore™ i7でメモリが8GBの物を買っておけば基本的に問題ないです。(まぁ20万オーバーしちゃいますが。。。)

重たい動画編集やCGグラフィックスなどには向きませんが多少の動画編集にも耐えられますし相当便利です、が普通に生活する状況でここまでの製品を必要とする場面は中々ありませんね。
なので上記CPUがCore™ i7でメモリが8GBと同じようなスペックで安いメーカーをネットで探してみると良いと思います(価格.com辺りで)

重たい動画編集やゲームがしたい

ここまで来るとノートパソコンでは厳しい物がありますが期間工でデスクトップと言うのは厳しい物がありますよね。

なので作業効率より作業環境重視でこちら↓
http://www.dell.com/jp/p/alienware-15-laptop/pd

DELLから出ているブランドALIENWAREのゲーミングノートです。

基本的にゲーミングノートでググれば出てくるG-tuneやGALLERIA、MSIとかでも全然問題ないんですがまぁALIENWARE辺りが無難なんですかね。

価格帯的には正直さっきのVAIOと変わりませんがその代わりパソコン自体がデカくて重いため持ち運びができない製品だと思ってください。

VAIOは軽量化や耐久性にお金払ってる感じです。

しかしこの製品にはグラフィックス性能を向上させる為のパーツ(グラボ)が積まれているのである程度重たい動画編集作業やpcゲームにも耐える事ができる物になってきます。

カフェでドやったりベットのうえでゴロゴロyoutubeみたりしないで良いと言うのならさっきのVAIOよりオススメですが個人的にはだらけて作業したい人なのでスペックより本体の軽さを重視してしまう豚野郎です。

最後にコスパ重視か品質重視(性能)かメーカーの判断基準を適当に表にして書いておくのでもし良かったら参考にしてみてください。

とにかく安く済ませたい
LenovoASUS
価格を押さえつつ良い物を(ドヤれる)
AppleVAIO
ある程度高くても品質が大事
NEC東芝富士通VAIO
 いくらでも払うから品質第一
 パナソニック
重たい作業用にハイスペック機種が欲しい
ALIENWAREG-tuneGALLERIAMSI、他ゲーミングノート

まぁ割と適当に書いているのでメーカーさんも網羅してませんし(かなり偏見強め)もっと細々と細分化できるんですが初心者がパソコン欲しいなぁ程度であればこんな感じで良いのかな?

後はここに書いてあるメーカーのページに飛んで各社どんな製品があるのかと最初に書いたパーツの役割を良く理解する事によって無駄の無い自分に最適なパソコンを買う事ができると思います。

それでは長くなりましたが今回はここで終わりにします。

それでは!ノシ