ども、アニオタ期間工の豚野郎です。

最近色々なメディアや施設で
中止
の文字をよく見かける気がする。

人道的、法律的に問題のある物であるなら仕方がないと思うしイメージを大切にしている企業にとって世論に沿ってある程度妥協するのはよくわかる。

でも最近少し敏感になりすぎているように思う。

何でもかんでも感情的に批判する今の日本には違和感を感じる。

空気を読む国家

先日Twitterでこんなツイートを見かけた。

こんなのも

最近すごく多いけど正直こういった世論に動かされて中止とか撤回とか個人的に何か違うような気がする。

てか、こんなくだらない事にいちいち反応してネットとか使って批判してる人たちを見るとすごい卑屈な感じがして白い目で見てしまう。

この国は司法国家なわけだから法に触れていなければわざわざ中止とかしなくていいじゃんって言うのが俺の率直な感想。

少し前魚の死体の入った水槽を凍らせてその上を滑ろうみたいな感じのスケートリンクがディスられてたけどこういったあからさまに命を弄んだりとかはまぁよくないと思うしあそこまで炎上したら火消として今後の利益を考えて中止にするのは良くわかるけど今回の大学の自習室とか別に商業施設ってわけでもないんだしそんなに気にするなよって思ってしまう。

民意民意って感情論にすべてを任せてたら司法の存在意義とかなくなるしそれこそ秩序とか無くなってきちゃうんじゃないかなぁと思ってしまう。

法とかルールに感情論って持ち込むべきじゃないと思うんですよね。

個人的にはお前らのご機嫌なんて聞いてないんだよってスタンスで良いと思う。

だって最近のTwitterとかホントカオスじゃないですか、気に入らなかったらボロクソに叩いてすぐ晒し上げる。

他人の顔写真を勝手に加工して勝手にアップロードして面白おかしくいじったり他人の住所晒したりそれを拡散したり常識のない連中の民意に従っていたらろくなことにならないじゃないですか。

何か事件があったら正義の味方気取りで特定情報をTwitterに晒し上げて社会的制裁を加えたがる。

いや、それお前たちの仕事じゃないから、てか関係すらないからって感じ。

黙って裁判所に任せておけよと思いますね。

沖縄の知事も最高裁で敗れたときに「司法は民意を理解していない」的な事言ってた気がするけどやっぱり今の日本は少し違う気がする。

確かに少しは民意を反映しなければいけない場合もあるしこの国は民主主義なわけだから一部の暴走を止めるために民意は必要だけどもう少し司法国家というものを考えたほうが良いのでは?というのが個人的な感想です。